発信者番号は通知先に挿入することができます。

通知先に発信者番号を挿入することで、通知から発信者番号をブロックする機能もご利用いただけます。

設定の手順

①設定画面下部「通知設定」から、設定している通知先をクリック

②通知先に現在登録しているグループチャット名、メールアドレス、チャンネルなどをクリック

※以下参考画像は、Slack設定の場合の画面です。他通知ツールでも同様の方法になります。

③「通知の詳細設定」の「発信者番号の表示」をONにする

※以下参考画像は、Slack設定の場合の画面です。他通知ツールでも同様の方法になります。

画面内の「発信者番号の表示」をONにすると、発信者番号が含まれた通知が届くようになります。

発信者番号のブロック機能について

発信者番号のブロック機能をONにすると、通知から誰でも発信者番号をブロックできるようになります。

参考:発信者番号の確認方法

マイページでは発信者番号を確認いただくことができます。
マイページ「受信トレイ」より、該当の受電報告をクリックすると、下部に発信者番号が記載されます。

注意:発信者番号に自社の転送元番号が表示されている

なお、電話機により発信者の電話番号が通知されずに転送元の電話番号が表示されるケースもございます。その場合、受信トレイの着信履歴の番号は発信者番号とはならず、転送元の電話番号となります。

こちらはご契約中の回線事業者までお問い合わせいただき、転送設定の見直し等をお願いいたします。


回答が見つかりましたか?