応答パターンの設定を変更することで、オペレーターが担当者に電話を取り次げない理由を選ぶことができます。選択できる応答パターンは以下の2つです。

また、内容の個別カスタマイズは承っておりませんのでご了承ください。

不在パターン(デフォルト)

初期設定のパターンです。
「担当者が不在にしておりますのでご用件をお伺いしまして申し伝えます。」
と、取り次ぎ先が不在である旨を伝えます。

電話を取り次げない理由に納得してもらいやすい一方、必ず不在の扱いとなるため、発信者が折り返しの連絡を希望せずに「それではまた掛け直します」というやりとりをずっと繰り返してしまう場合があります。

転送不可パターン

代表電話からは担当者や個人に電話を取り次ぐことができないとお伝えするパターンです。
「電話受付窓口のためお電話はおつなぎできません。ご用件をお伺いしまして申し伝えます。」
と、電話受付窓口のため、担当者へつなぐことができないとお伝えします。
担当者の在席状況について聞かれた場合も、こちらではわからないとお伝えします。

不在パターンよりは「掛け直します」というやり取りが減る可能性はございますが、電話代行サービスを利用していることが相手に伝わりやすくなるかもしれません。

設定方法

マイページの設定画面から応答パターンのメニューを開きます。パターンを選択するダイアログが表示されるので、希望するパターンを選んでから変更ボタンを押してください。変更は次にかかってきた電話から適用されます。

回答が見つかりましたか?